女性用シャンプーの買ってはいけない!ラウリル硫酸やラウレス硫酸の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
haircare

今回はヘアケアのお話です。

みなさんはヘアケアで悩んでいることはありませんか?

「髪の毛がゴワゴワする」
「ドライヤーした後うまくまとまらない」

なんて話はよく聞きます。

シャンプーやトリートメントって毎日使うものだから、自分の髪や地肌に合うものじゃないと、使っていてストレスになりますよね?

わたしの周りで最近よく聞くのは、
「頭皮がかゆくて…」
というお悩みです。

あたり前ですけど、髪は頭皮から生えていますから、頭皮にトラブルがあるということは、髪にも何らかの悪影響があるってことです。

洗髪していて頭皮のかゆみが気になる場合は、今使っているシャンプーの成分を確認してください。

「ラウリル硫酸」または「ラウレス硫酸」という文字が見つかったら要注意!

ラウリル硫酸もラウレス硫酸も石油系界面活性剤の一種。
聞いたことありませんか?
石油系界面活性剤が肌によくないという話を…。

実は、市販のシャンプーにはこの石油系界面活性剤の入っているものが少なくありません。
なぜシャンプーにこれらの成分が入っているかというと、泡立ちが良くなるからです。泡立ちのいい石油系界面活性剤入りシャンプーは、地肌の強い人にとっては洗髪していて気持ちいいかもしれませんが、地肌が敏感な人にとっては迷惑以外のなにものでもありません。

では、石油系界面活性剤はどうして危険なのでしょうか?
それは地肌のバリアゾーンと呼ばれる保護層を破壊してしまう可能性があるから。
スキンケア化粧品やクレンジングなどでも使われる石油系界面活性剤は洗浄力が強いため、一見すると高い効果が得られそうですが、刺激が強くかつ洗い流しても肌に残りやすいため、長時間にわたって肌に作用して肌のバリア機能を壊してしまう可能性があるのです。

頭皮が傷つけば、かゆくなる。
もしかしたら、あなたの頭皮のかゆみは、今お使いのシャンプーのせいかもしれません。

ただ、今は石油系界面活性剤を使わないシャンプーやトリートメントも各社から発売されています。ご安心ください。
しかも結構売れているそうです。

例えば、 vefla-ヴェフラ モイストクレンジングシャンプー は、アットコスメでもクチコミ評価5.5と高い評価を得ています。
公式サイトをのぞいてみると、実際に1カ月間モニターした女性の感想が書いてあるのですが、そこにはなんと!

「本当にこの間、リンス・トリートメントを一度もせず、
ヴェフラモイストクレンジングシャンプーのみを使用してます。」

という信じられない感想が…。

シャンプーだけでOKなんて、そんなラクチンな!
しかもそれでもツヤツヤ、しっとりだというのですから、だまされたと思って試してみる価値はありそうです。

他の女性の口コミものっていますが、どれも
「リンスがいらない」「コンディショナーがいらない」というコメントばかり。
これは、ひょっとするとひょっとしますね。o(*▼▼*)o

頭皮がかゆくて困っている人だけでなく、洗髪時間を短縮したい人や、髪のコシやハリを出したい人にもよさそうです。

 

 

ページ上部へ戻る