ダイエットしても胸が小さくならない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
daiet_pokky

■食事制限に気を付けよう

たまに「ダイエットしたら胸が小さくなった!」という嘆きの声を聞くことがあります。

そうです。ダイエットして胸が小さくなる女性は確実にいます。

ただ、それはダイエットの方法が悪いから。

ダイエットしても胸が小さくならない方法はあるんです。

そもそもダイエットで胸が小さくなるのは、食事制限が影響しています。

中でもタンパク質の摂取量が少ないと、体重が落ちるのに比例してバストも小さくなってしまうのだとか…。

だから、胸の大きさをキープしつつダイエットをするには、食事制限もきちんとした知識のもとで行う必要があるのです。

■運動にも注意が必要

では、食事制限はせずに運動中心でダイエットすれば、胸も小さくならなくていいんじゃないの?

そう思いますよね~。

確かに運動中心のダイエットであれば、胸が小さくなるリスクは最小限におさえられます。

しかし!

間違った運動方法でダイエットすると、今度はおっぱいが垂れ下がってしまうのです。

ある意味、胸が小さくなるより深刻かも?

おっぱいが垂れ下がってしまう理由の1つは、間違った運動で「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりするから。

クーパー靭帯とは、胸の形をキープしているコラーゲン腺維の束のこと。

一度クーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、もう元には戻りません。(汗)

だから、運動中心でダイエットする場合も、正しい運動方法でダイエットしないと、バストの形が悪くなってしまいます。

■正しい食事制限と運動方法でダイエットを

結局、胸の大きさや形をキープしたいのなら、正しい食事制限と運動方法でダイエットをすること!

ただ、自己流のダイエットでこれを実現するのはなかなか大変。

きちんとジムに通ってトレーナーのアドバイスを聞きながらダイエットするのが近道です。

例えばライザップは、ボディメイクの専門知識をもったトレーナーがマンツーマンで、糖質を中心とした食事制限とトレーニングを指導してくれるので、身体のラインを気にする人にはいいと思います。

実際にライザップのサイトに出てくる女の人のビフォー・アフターの写真を見てみればわかりますが、ダイエット後に胸は小さくなっていませんよね?


30日間無条件全額返金保証/ライザップ

ライザップはCMが派手なので、何かと批判にさらされていますが、結果にコミットしてくれるので、ずるずるとダイエットするよりよほどいいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る